How to 一人暮らし

TOP > How to 一人暮らし

これから始まる一人暮らし

余暇を利用して一人でのんびりと旅行したり、
都心のホテルなんかで週末ゆったりとすごしたりする一人の宿泊客なんかのことを、おひとりさまと呼ぶんだそうです。まあ、せっかく一人暮らしすることになったんだしせっかくだから、しっかり楽しんじゃいましょう。
これから始まる一人暮らしのコツを掲載しました。

引越しまでのスケジュール

①引越し1ヶ月前
引越し業者手配
3~4月は引越しシーズンなので、早めの手配が必要です。
②引越し2~3週間前
転出届(地元役場)
住民票を鳥取市に移すのに必要な届けです。
③引越し1週間前
電気・ガス・水道
電気・ガスは、個別契約になります。開始時は立会いが必要になります。3~4月は引越しシーズンになりますので早めに連絡を入れましょう。水道は物件により個別契約ではない場合もありますので要確認。
④3月下旬~4月
新生活スタート
引越し荷物搬入
電気・ガス開始立会
転出届(鳥取市役所)
地元の役所でもらった転出証明書、印鑑、新住所を確認できる書類を持参。
運転免許証(免許センター)
運転免許をもっている方は免許証の住所変更。住民票と免許証を持参。

大型家具は買うべきか、借りるべきか

シングル家電を購入した場合の費用

家電製品を購入した場合、まず家具代そのものがかかります。次に入居中に家具が故障した場合、補修代もしくは新品に買い換える費用がかかる場合もあります。そして、卒業時、実家もしくは就職地に持って行く場合は、引越し代がかかります。処分する場合は、家電リサイクル費用などが必要になります。

1人暮らしを何年続けるか

シングル用家具は、全てが1人暮らし向きなので、1人暮らしを終えてしまうとシングル家具も仕事を終えてしまいます。大学卒業後も1人暮らしを続けるようですと買った方がお得ですし、大学生活の4年間のみの使用ですと何かもったいない気もします。

おひとりさま向き家具の購入

冷蔵庫

自炊をしないという方でも絶対必要な家電品です。購入前に物件の冷蔵庫置き場のスペースのサイズをよく確認しておきましょう。「冷蔵庫が入らない!」なんてことのないように・・・。ワンルームという小さいスペースですとどうしても冷蔵庫とベッドの距離が小さくなってしまう場合が多いので、自分はうるさいと寝られないという方は音の静かな冷蔵庫を購入しましょう。

洗濯機

ひとり暮らしの洗濯機のサイズは4.2kgが標準でしょう。室内洗濯機置き場の場合、2槽式は設置できません。全自動タイプになります。 冬に雪が降る鳥取では乾燥機能付のものが便利かもしれません。物件によっては浴室乾燥機などが付属している場合がありますので2重購入にご注意を。 洗濯機の取り付けは業者さんにやってもらって下さい。うまく設置ができていないと水漏れの原因になります。

電子レンジ

今や、料理に関して、なによりも必要な家電となりました。色々な冷凍食品やコンビニフードがありますのでこれさえあれば食に困りません。トースト機能付を購入しておけば、省スペースに繋がります。

こたつ

雪の降る冬の鳥取では、必須アイテムです!灯油ストーブ持込禁止の物件が多いので、エアコンの暖房だけでは心もとないです。こたつとエアコン暖房の併用や遠赤ヒーターなどを使用しましょう。夏もテーブル代わりに使え、省スペース

照明器具

物件によっては、照明器具は付属していません。4年間使うのです。お気に入りの照明器具を買いましょう。

掃除機

掃除機には縦置き型と横置き型の2種類があります。横置き方の方がパワーは強いですが、ワンルームマンションなら縦置き方で十分です。何より軽くスペースをとらないので、さっと取り出せさっとしまえるので便利。ころころ粘着棒(?)と併用してこまめに掃除するのに便利。

除湿グッズ

ワンルームという小さい空間は、湿気との戦いです。外の冷たさと室内の温度差ができますと、どうしても窓に水滴が現れます。放っておくと壁紙や室内にカビの発生に繋がりますので除湿を心がけましょう。押入れに除湿剤を置いたり、窓につく水滴をとるワイパーもあります。冬は寒いですが少なくとも1日1度は窓を開けきって空気の入れ替えをしましょう。

照明器具・カーテンにこだわる

照明器具の有無をチェック!

お部屋によっては照明器具のついてないところもありますので、見学の際に器具の有無もチェックしましょう。もし、持込の場合は、部屋の広さに応じた物を用意します。購入する場合、器具に表示してある【○○畳用】という所をよく確認しましょう。蛍光灯の場合、蛍光管の色味によって【白色】【昼光色】【電球色】などがあります。買換えの時に間違えないように、ワット数と色味を控えておくと良いですよ。

カーテンを買う!

物件見学の際に見ておきたいのが窓の大きさ。最近は窓の大きいお部屋もありますので、既製のカーテンでも、適正なサイズの物を用意したいものです。カーテンでお部屋の印象も随分と変わりますので、全体のバランスを考えて柄を選びましょう。機能の面では、光を通しにくい遮光カーテンや、簡単に洗濯出来るウォッシャブルのもの、消臭機能のついたもの等様々です。また、1階にお住まいの人には外から透けて見えにくいレースカーテンもお薦めです。インテリア性だけでなく、機能的な面からもカーテン選びって結構あなどれません。手作り派の人は時間があれば自分で作ってみるのも楽しいですね。

ガスコンロはこれで合ってますか?

物件の使用ガスが都市ガスかプロパンガスか?

ガスコンロには、都市ガス用とプロパンガス用の2種類があります。違う種類のガスコンロを買ってしまうと悲しいかな、使用できません。自分の決めた物件が都市ガスを使用しているのかプロパンガスを使用しているのか調べておきましょう。

物件が電磁調理器使用の場合 ※電気調理器は除く

物件に電磁調理器が備え付けられている場合、鍋の購入に注意です。電磁調理器(IH)専用鍋を選んで下さい。
電磁調理器に向いているもの
・底が平ら
・鉄、鉄ホーロー、鉄鋳物、ステンレス製のもの

え!部屋に最初から傷があるけど・・・

入居したら、荷物を入れる前にお部屋をチェック!

鍵をもらい、お部屋に入ったら荷物を入れる前にお部屋をチェックしましょう。 壁クロスやフローリングに傷があったり、その他設備の故障、汚れなどがないかチェックしましょう。既存物件の場合はもちろん、新築物件でも工事中についた傷などが稀にあります。

傷があった場合

卒業時、お部屋を退室する際に部屋のチェックをし、補修箇所があれば補修を行い、支払いすることになります。アパート管理会社でも履歴を残していますが、履歴に漏れがある場合もあります。自分がつけてない傷でトラブルになることを避けるために、どんな小さな傷でも書面にし、必ず当社かアパート管理会社に郵送して下さい。写真を撮っておくと万全です。物件によっては、専用の書類があります。

お部屋の疑問はどんなことでも聞いて下さい。

説明書を読んでも設備の使い方が分からない。この設備は不具合?そういう時は必ずご連絡下さい。

部屋を上手に使うための鉄の掟

契約書の原状回復項目や特約、入居のしおりを必ず読みましょう

一般的なアパートでは、「通常使用による損耗」以外の損耗は入居者様負担で補修を行うこととなります。費用負担や部屋の上手な使用方法を理解していただくために、入居前に契約書や入居のしおり等には必ず目を通しておきましょう。使用方法に関して一般的なもののみを下記でご紹介します。

喫煙によるクロスの汚れを防止

室内で喫煙をされますとクロスに匂いや黄ばみが残り落ちません。学生さんが入居する物件は未成年の方が入居する可能性が高いということもあり、次期入居者を募集する際にはクロスの張替えをしなくてはなりません。あなただけでなく、お友達が遊びに来たときもベランダで吸ってもらうようお願いして下さい。

家電製品によるクロスの黒ずみを防ぐ

家電製品は熱を放出しており、長年その熱がクロスにあたると焼けて黒ずみが生じます。TV、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、パソコンなどを設置するときはクロスから5~10センチほど離して設置されるようお願いします。また、クロスはこすれると傷がつきやすいので、椅子等良く動かす家具はクロスの傍に設置しないほうがいいでしょう。

換気によりクロスのカビを防ぐ

室内の空気を入れ換えるため少なくとも1日1度は必ず窓を全開にし換気を行いましょう。長期に渡り換気がなされませんと室内に湿気が溜まり、カビの原因となりクロスが変色したりはがれたりします。そして健康にも悪いですね。また、押入れに除湿剤を設置したり、窓の結露は拭き取りましょう。

フローリングの傷を防ぐ

フローリングは重たい家具や椅子等のよく動く家具を設置する周囲にはカーペットを敷いておくとよいでしょう。また、カーペットは冬はフローリングは冷えるので暖かく冬をすごすのにも最適です。

フローリングの変色を防ぐ

フローリングは木製のため水に弱いので、誤って水をこぼした時などは、十分すぎる程に拭き取っておきましょう。

鍵を紛失しないようにしましょう

貸し出している鍵を紛失されますと、防犯上の観点からシリンダ交換を行い今まで使用していた鍵では入室できないようにする物件がふえています。その費用は入居者様負担となりますので鍵の紛失にはご注意ください。

フリー検索
掲載物件数
→
97
空室・空室予定
→
29
本日の新着件数
→
0